沢尻エリカ、ピエール瀧、カラテカ入江「全員4月8日生まれ」だった! 2020年注目の星座、名前、数字Love Me Doが解説!

記事引用元:TOCANA

2020年に注目の星座、漢字、数字


2019年に話題になった芸能人たちには、ある「共通点」があった……。これを予言していたラブちゃんに改めて説明してもらうとともに、2020年の注目ポイントも解説!

「これまで繰り返しお伝えしてきたように、『2019年は農業や大地の年ともいえる『己亥(つちのとのい)』の年、「土」や「田」や「井」や「戸」や「圭「や、つちへん」、「さんずい」や「水」に関する漢字が入っている人が注目を浴びることになる』とあって、芸能界でもこれに該当する人たちが、良くも悪くも注目を集めました」(ラブちゃん)

deai01

良い注目のされ方をしたのは、6月5日に結婚を発表した南海キャンディーズ・山里亮太と女優・蒼井優など、おめでたいニュースが出た人たちだろう。夏には、8月7日の衆議院議員・小泉進次郎とフリーアナウンサー・滝川クリステル、元宝塚歌劇団・遼河はるひとJリーグのV・ファーレン長崎に所属する鈴木彩貴選手、8月8日の俳優・速水もこみちと女優・平山あや(本名・平山綾)、女優・新川優愛とロケバスの運転手……という結婚ラッシュもあった。

「特に山里さんと蒼井さんの結婚は、世間に衝撃を与えた印象。ちなみに、山里さんと小泉さんの2人は『4月14日生まれ』という共通点があります。一方、残念ながら悪い注目を浴びてしまった芸能人といえば、3月12日にコカイン使用で逮捕されたミュージシャン・ピエール瀧さん、6月7日発売の『フライデー』(講談社)で明るみになった「闇営業」報道において、芸人と反社会的勢力の仲介役となっていたカラテカ・入江慎也さん、そして11月16日に合成麻薬・MDMA所持で逮捕された女優の沢尻エリカさんなどが挙げられますが、瀧さん、入江さん、沢尻さんの3人に共通するのは『4月8日生まれ』という点です」(同)

また、闇営業報道の影響で活動休止状態となっている雨上がり決死隊・宮迫博之は「3月31日生まれ」、10月に「所得隠し」や「申告漏れ」が発覚して活動自粛中のチュートリアル・徳井義実は「4月16日生まれ」なのだが、ラブちゃんは「山里さん、小泉さん、瀧さん、入江さん、沢尻さん、宮迫さん、徳井さんの共通点は『おひつじ座』ということ。つまり、2019年は良くも悪くも「おひつじ座が時代を作った」と言えるのです」と、語った。

2020年は、この流れが『おうし座』に移ります。おうし座の人たちが、同じように良くも悪くも注目される年となるのです。そのエネルギーに影響される『やぎ座』と『おとめ座』の人たちも、注目されやすいでしょう」(同)

では、2019年の「水系の漢字」などのように、2020年に注目を浴びる漢字もあるのか。

「漢字でいえば、2020年は『庚子(かのえのね)』の年なので、まずは「庚(かのえ)」が金属や原石をあらわし、これを輝ける石に加工する……みたいなことがテーマになります。ちなみに、現代では機械を使っている加工作業も、昔は手で行っていましたね。こうしたことを踏まえて、2020年は『「金」や「金へん(鈴など)」、「月」や「月を含む漢字(藤、前など)」、「石」や「石を含む漢字(岩など)」、「加」や「工」、「手」や「手へん」、「剛」といった漢字が入っている人が注目を浴びることになる』でしょう。さらに、藤で注目なのは「安藤」や「近藤」、「斉藤」、「加藤」、「工藤」石なら「石田」や「石橋」などです。また、庚子の「子(ね)」は水をあらわすので、2019年ほどではありませんが、2020年も引き続き「さんずい」やそのほか「水系の漢字」の人が話題になったり、「子どもの子」がつく名前の人も注目されたりするでしょう」(同)

2020年5月以降は、実、美、光、西などの漢字にも注目です。

続きを読む

※続きは外部サイト「TOCANA」にうつります。

Love Me Doが占うあなたの2021年総合運


・2021年、あなたに巡ってくるビッグチャンス
・あなたを幸運に導く重要人物
・今年あなたに訪れる最大の幸福と転機の日

■あなたについて教えて下さい
・苗字

・名前

・生年月日

・性別